住宅ローンシュミレーション

元金均等返済とは

元金均等返済とは、毎回の支払元金が均等となる返済方式です。
借入残金は均等に減ってゆく為に、利息が減ると毎回の支払額も減って行きます。

元利均等返済と比べて利息の支払総額が少ないというメリットがありますが 住宅ローンのような長期に及ぶ返済の場合は、初期に支払う負担が非常に大きいというデメリットもあります。 以下に例をとって考えてみましょう。

スポンサードリンク

元金均等返済の例

借入金額 100万円
返済期間 10年(毎年1回の10回払い)
利率 3%
返済方式 元金均等返済

毎回返済する元金は100万円÷10回で10万円となります。
これに、利息が生じて毎回の返済額が決定します。

1年目の利息は、借入金の全額100万円の3%で3万円となります。
2年目の利息は、借入金の100万円から支払いを終えた10万円を引いた90万円の3%で2万7千円です。

元金均等返済のイメージ

元利均等返済とは 元金均等返済とは

スポンサードリンク