住宅ローンシュミレーション

繰上げ返済とは

繰上げ返済とは、ローンの支払い中に余剰資金が確保出来た際に返済を前倒しする方法です。 例えば、ローンを借り始めて3年後に100万円の貯金が出来た為にローン返済に回すという形で利用出来、 初期に行えば行うほど絶大な効果を発揮します。

繰上げ返済には、期間を縮める期間短縮方式と支払額を減らす再計算方式とがあります。

スポンサードリンク

期間短縮方式

期間短縮方式とは、繰上げによって返済期間を縮める方式で、 余剰資金を最も有効に生かせるというメリットがあります。 具体的にその効果を見てみましょう。

例えば、利息を含めて毎月10万円の返済を行っていたとします。 そこで、100万円を繰上げ返済した場合にどれだけ期間が縮まるでしょうか。

100万円 ÷ 10万円 = 10ヶ月?

と、なりそうですが違います。

初期であれば、実際に支払っている10万円の中の大半は利息です。 繰上げを行う100万円は、利息を除いた元金部分から差し引かれます。

繰上げ返済の例

上の図の様に、残っている元金の内の100万円部分が短縮された期間となります。 そして、さらに注目すべきは支払わなくて良くなった利息です。 この時、支払わなくて良くなった利息は100万円と共に支払う予定だった赤い部分です。

この図から分かるように、初期であればあるほど絶大な効果を発揮します。
最後に、例を挙げて見てみましょう。

借入金額 3,000万円
返済期間 35年
利率 3%
返済方式 元利均等返済

この時、支払う予定の利息は合計で約1849万円です。
3年目に100万円の繰上げ返済を行うと、最終的に支払う利息の合計は約1687万円。
100万円の繰上げ返済によって支払わずに済んだ利息は約163万円となります。

実際に軽減される額を確認したい場合は、繰上げ返済シュミレーションをご利用下さい。

再計算方式

再計算方式とは、残りの返済期間を変えずに返済額だけを減らす方式で、 一時的な余剰資金がある場合に、今後の支払額の負担を楽に出来るというメリットがあります。 その効果を見てみましょう。

借入金額 3,000万円
返済期間 35年
利率 3%
返済方式 元利均等返済

この時、毎月の支払額は約11万5千円です。

3年目に100万円の繰上げ返済を行うと、残りの毎月の支払額は約11万1千円。

100万円の繰上げ返済によって、軽減された支払額は毎月約4千円となります。
また、支払わずに済む利息は約58万円と期間短縮方式には劣りますが、生活に与える負担は確実に軽減されます。

実際に軽減される額を確認したい場合は、繰上げ返済シュミレーションをご利用下さい。

注意点

このように、初期の段階で余剰資金を確保した際に非常に効果を発揮する繰上げ返済ですが、 金融機関によっては特定の日にしか行えない、一定の金額単位でしか行えない、 手数料が発生するといった場合もありますので、予めよく確認しておく必要があります。

スポンサードリンク